大好きな国内旅行。今年は長崎へ!

大好きな国内旅行。今年は長崎へ!

四季があるから国内旅行は4度行くべき

日本には春夏秋冬の四季があります。それぞれの季節によって自然が見せる表情に違いがあります。春なら桜や桃といった花が見頃で、夏には森の生命力が活性化しています。秋には山が真っ赤に燃え、冬には雪化粧になるのです。もちろん、地域や気象によっても違いがありますが、季節が移り変わっても全く変化しないということはありません。そのため、国内旅行で一度行った場所でも違う季節に行けば、前に行ったときとは違った表情も見ることができるのです。その発見もまた旅行の楽しみ方の一つと言えるのです。

もしも、「そこには一度旅行に行ったからもう満足だ」と思っている人は大きな間違いなのです。それは知ったような気分になっているだけで、まだまだその土地を知っていることにはなりません。別の季節に行けば全く違う景色を目の当たりにすることができます。もしかしたら、季節限定のイベントや食べ物をやっているかもしれません。また、それは山や海といった場所だけでなく街でも同じことです。人工物に囲まれていようとも、結局は自然のなかに建造物があるわけで、四季の移ろいを感じることができます。つまり、国内旅行は同じところを最低でも4回は行かないとその土地の良さを知ったことにはなりません。

おすすめリンク