大好きな国内旅行。今年は長崎へ!

大好きな国内旅行。今年は長崎へ!

日本の世界遺産と国内旅行の観光客

2014年群馬県の富岡製糸工場が世界遺産に登録される運びとなりました。2013年には富士山が文化財として世界遺産に登録され、2011年には平泉と小笠原諸島の2箇所が登録されているのです。現在の日本は世界遺産ラッシュに沸いていると言えます。当然、世界遺産に登録されると日本全国多くの人々が国内旅行に行ってみたいと思うものです。2014年の富岡製糸工場の登録でも、当然すでに旅行代理店が旅行プランを組み立てているはずです。改めて日本列島を見渡してみると、狭い領土のなかに数多くの世界遺産があることがわかります。

北は北海道から南は沖縄まで、20都道府県に世界遺産があるというわけです。どこも国内旅行で注目されていますが、ただ注目されるからと言って観光客が増えてないところもあります。たとえば、小笠原諸島では多くの観光客によって自然が踏み荒らされないように観光客の数を制限しているところもありますし、富士山では多くの登山客がいると多くの人々が予想したため逆に観光客が減ったとも言われています。観光客が増えすぎると世界遺産の建物や自然が破壊される可能性もあり、そうなると危機遺産に登録されるかもしれません。そうならないように観光客も気をつける必要があります。